美容液を買うブログ
  • HOME >
  • 厳しい夏が終わった秋口から冬にか

厳しい夏が終わった秋口から冬にか

厳しい夏が終わった秋口から冬にかけてと季節の変わり目には、くれぐれも肌の乾燥には気を付けたいものです。皮膚の薄い目の周りなど、鏡で良く見ると細かいシワがちりめん状になりますし、乾燥肌をこじらせて赤くはらしてしまうこともあります。


乾燥は軽く考えてはいけません。これらの危険な時期、スキンケアはすごく気をつかって丁寧に行っていますが、化粧水や乳液でのケアだけでは物足らなくなってきてオイルの使用も欠かさなくなりました。

お肌に使うオイルはなるべくならいいものを、と考えていますが人気のホホバやココナッツ、オリーブを使ったりもしています。

皮膚の表面近くまで余すところなく張り巡らされた毛細血管は、皮膚を構成する表皮や真皮の細胞に、血液を介して酸素や水分、栄養を届けて、逆に細胞から排出される老廃物を排出するパイプにもなっています。

喫煙による害は様々ですが、煙を吸った直後に起こる悪影響としては、体中の毛細血管が収縮してしまう、というものがあります。道が狭くなり、毛細血管の隅々まで栄養が届かなくなります。


酸素も栄養も届きませんから、表皮は弱り、強力なバリアとしての機能は低下しますし、表皮が弱ると、真皮の力も弱まります。結果として肌の弾力や張りは少しずつ消えてしまい、結果としてシワやたるみが増えていきます。健康的な肌を保つためには、禁煙した方がいいでしょう。


美顔器の中には、超音波美顔器、イオン導入器、美顔ローラーみたいなものも色々、種類がありますが、その中でも超音波美顔器やイオン導入器を選ぶと効果があります。スキンケア用に使う化粧品は、肌の弾力とハリのための成分が配合してあるものを選びましょう。成分としてあげられるのは、ビタミンC誘導体やヒアルロン酸などがふくまれているものがたいへんいいです。敏感肌イコール乾燥肌といっても良いくらい敏感肌と乾燥肌は同じカテゴリとして考えたほうが良いくらい深い関係であるといえます。乾燥肌となってしまえば、ちょっとした外部からの刺激をうけたとしても、過剰な反応を起こし、肌が荒れたり赤く腫れたりという肌のトラブルが起こりやすくなる傾向があります。

肌表面の角質層が薄くなったために、外部からの刺激をうけやすくなっていることがその原因なのです。年齢を感じ指せるシワやたるみが出来る原因として、乾燥はぜったい無視できないでしょう。



肌の深い部分の水分が不足すると、リフティング機能が低下して、たるみやしわとなって表れてきます。目の周囲というのは温度が低く代謝が弱いので乾燥によるダメージを直接うけるので、シワやヨレが出やすいのです。年齢と一緒にヒアルロン酸やコラーゲンも減少するのでシワ予備軍とも言うべき肌のたるみが生じやすいです。肌年齢をキープするためにも適切なケアをしていきたいものです。

普通より弱い肌の場合は、荒れやすい肌だと一括りにする事には無理がありますが、お肌に負荷が掛からず、なおかつ肌に合わせた化粧品で、ちゃんとスキンケアをつづける事が大事です。気候やお年によって、肌の状態がそれぞれちがうというのも、人より弱い肌の頭が痛いところです。その時の肌のコンディションに合わせて、丁寧なスキンケアを心がけてちょうだい。
色素沈着や紫斑、赤あざが生まれつきお肌にあり、昔から多くの方の悩みの種になっていました。

こうしたシミなどは絶対消えないと諦めている方が多いようですけど、皮膚科の医療の進歩はとても速く、完全に消えないケースもあるものの、シミやアザなどを薄くできるケースがほとんどです。顔のシミやアザを何とかしたいと思う方は、専門の医療機関でカウンセリングをうけてみましょう。それに、シミ、アザをどのように消したのかという体験談を判断材料にするのもいいでしょう。基礎化粧品で最初に使うブランドのものは私のお肌にあっているのか定かでないので、利用するのに少し心的負担があります。特に店頭でのチェックでは不明なこともありますから普段より少し小さいサイズで、割の良いトライアルキットなどがあれば体操嬉しいです。
洗顔が残ったまま肌の状態が荒れてしまうこともあるので、すすぎをできるだけ行ないましょう。

洗顔ができた後には、利用するのは化粧水や乳液など、保湿を完ぺきに行ってちょうだい。保湿をやらないと肌が乾燥してしまい、シワが目立ちやすくなります。
保湿をちゃんとやれば、自分の顔にシワを創りたくない人のための、効果的な予防・改善となっています。


シワを防止するためにも、メイクをした日は必ずクレンジングするようにしてちょうだい。クレンジング処理をしないと、表皮にダメージが残ってしまい、シワが発生しやすくなります。さらに、洗顔をおこなう際には、洗顔でちゃんと泡を作って、優しく洗顔するようにしてちょうだい。


粗暴な洗顔や、肌荒れなどが、シワをつくる原因になりますので注意してちょうだいね。

関連記事はコチラ

メニュー